中華カーボンでキャンプ(準備)  ~中華テント購入~

ほかの人柱の人々のブログも更新が無いようですが、自分の所の中華カーボン号も普通に元気なのでネタが無い状態。
そんなわけで無理やりネタ作りをしようかと、カーボンロードでやる人はまず居ないであろう、キャンプツーリングを画策中。
ちょっと調べると、キャンプツーリングの荷物重量は平気で10kgオーバーとか書いてあるが、さすがに車体よりも重い荷物を積んでいく気にはならないし、中華カーボンも腐ってもカーボンなのであまりに重量的無理は禁物で、装備品には軽量化が必要。
ちょっと調べるが自転車と一緒で、アウトドア用品は軽くなればなるほど金額も鰻上りに上昇するようだ。
キャンプに必要かつ最重量アイテムというとやはりテントだが、軽量かつコンパクトなテントは余裕で中華カーボンフレームを上まる金額・・・
実は手持ちにソロ用のテントとして、伝説の千均テント(1000円で1kg)というテント界に衝撃を与えた物を持っているのだが、パッキングサイズが長いということと、シングルウォールの呪いである結露のひどさとベンチレーション不足の灼熱地獄を体験しており、もう使う気にはなれない。
そこでダブルウォールで探すのだが、2kg以下の軽量かつ安価(諭吉以下)で自立可で前室付というやや無茶な条件で探すが皆無。
あきらめかけて2kg程度の物を買おうかと思っていた矢先に、最近ヤフオクで出回るようになった中華テントに目をつけた。
それがこれ(リンク)
f0162046_0392194.jpg

説明が本当なら1.6kgとかなりの軽量でまさに条件ピッタリ。同条件の普通のテントは3諭吉~なので、5分の一程度だ。
中国直送で送料ボッタクリというのもまさに中華カーボンと同じ流れだが、ポールの欠品やサイズ間違えは起こして欲しくない所だ。
落札から発送までは日本人が相手のようでとてもスムーズ。現在中国から日本に向かっているようだが果たしてどうなることやら・・・
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-07 00:40 | 中華カーボン