中華カーボンでキャンプ(準備)  キャリアとパニア

中華カーボンでツーリングの準備は進んでいます。
一番の重量物のテントの次はキャリア&バッグの選択。
基本的に自転車用のキャリアは日本一周とかの長距離をかなりの重量物を運ぶ為に、キャリア自体の選択基準も丈夫さが最重要視されているように思う。
自分はとにかく重量を少なくしたいので、耐荷重が少なくてもいいので軽い物を探していく。
目を付けたのがBEAMのフレキシブルリアキャリア。
f0162046_029337.jpg

これは504gとキャリアとしてはかなりの軽量で、ちょっと面倒だけどばらすとかなり小さく出来る。
以前キャリアをつけてツーリング中に、最終日で荷物はイランとキャリアごと家に送ったことがあったけど、そういった時や使わない際、輪行時にも小さくなると何かと便利。
インプレが殆ど出てこない商品であったが、通販で取り寄せて納得。
キャリア自体の作りは正直雑の一言。箕浦の同じコンセプトの物にすれば良かった・・・

キャリアの取り付けは、ダボ無しの際の強い味方、Vivaのクイックエンドアダプターのフロント用と、ダボ付きクランプ(32g)を使用。正直評判は良くないが、荷物が少なければ大丈夫なはずだと高を括る。
f0162046_030167.jpg

パニアは散々軽量な物を探すが皆無。最も軽いものはもっともポピュラーかつ安価なオーストリッチのP-115(800g)という結果になる。
f0162046_0315638.jpg

これはヤフオクで状態のいい物を落としたら超ご近所さんで、落札から2時間で取引が終了!送料も浮いたしラッキーだった。
取り付けると下部のベルトの強度が明らかに不足。自在針金に交換したらばたつきが抑えられた。
f0162046_0323796.jpg

フロントバックの選択も難航。軽い物が少なく、これも結局ロード用としては定番のモンベルのサイクルフロントバック(230g)を使用。
f0162046_035191.jpg

これは手持ちのバックからのチョイス。たぶんハンドルがアルミだったらお気に入りのシクロバッグを使っていたと思う。

そんなこんなでバッグのチョイスと取り付けは終了。
重量増は全体で1600g程度。
f0162046_0343942.jpg

[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-12 00:35 | 中華カーボン