カテゴリ:中華カーボン( 19 )

中華カーボンでキャンプ   中華テントでキャンプ

ツーリング自体は失敗気味でもキャンプは別腹で楽しいもんです。
・・・と言いたい所だがとっくに日は暮れているし設営前からしっかりと雨は降っているし結構な状況。

雨の時はさっさとすばやく設営出来ると助かるのだが、その点は中華テントはとても早く設営出来てグッド。
アルミポールの利点なのか、自分が今まで設営したFRPポールの物よりも曲がりがやわらかいというかそれほど力を入れずとも素直に曲がってくれる。
ちゃちゃっと数分で設営出来たのでインナーが濡れるのも最低限で済んだので一安心。
あとは耐水性がしっかりしてるといいのだが・・・
この日の気温は最低温度が22度、雨も降ってて濡れた荷物を中に入れてもいるので結露も心配な所。

まー結果はそのうちわかるわけで今は気にせず、そこまでは広くない前室で無理矢理調理開始。
米をとぎもせず不思議な飯袋に入れたまま湯に投入。
f0162046_14393793.jpg

もちろん研いだほうが良いが、とがなくても繊維の間から余計な部分は出て行って中には入らない構造らしい。すごいぞ飯袋。
20分茹でたら袋のまま10分程蒸らす。その間にフライパンでソーセージを焼いておき、それをつまみにまずはビールを一杯、これは至福の瞬間だ・・・
ビールは一本にして後は飯。フライパンで牛肉を焼いて飯をほおばる。こんなもんでもキャンプ飯はうまい!
f0162046_1528040.jpg

ちなみに写真はフラッシュは使わずランタン代わりに上から吊っているEL520の光のみで撮影。テント内では十分な明るさだ。

腹も満たされると一気に眠気に襲われ、そのまま就寝。途中雨音がかなり強まるのが聞こえるがはたして・・・


テント内にいると夜明けとともに明るくなるので自然と早起きになる。
この日も6時前には目が覚める。
汗はかかない程度に暑かったが、メッシュ部分が多いのと2箇所のベンチレーションもある為通気は良かったようで、結露は皆無。雨漏りもしていなかった。
f0162046_1593058.jpg

内部から撮影。写真ではメッシュの向こう側、フライの外側に雨粒がついているが、左側のインナーには結露が付いていない。

夜間に設営していて気付かなかったが、前室を作った際にテント自体を少し引っ張ってしまったようで、グランドシート代わりの100円ブルーシートがテントからはみ出し、そこに雨が入り込み、ブルーシートとテントの床部分の間にたっぷりと雨が溜まっていた。
f0162046_15131225.jpg

それでも内部に全く染み込んでいなかったので、防水性は完璧だったようだ。
中華テントはとりあえず性能的に必要十分というか特に欠点なし。後は耐久性のみだがそれは数年経たないとわからないだろうなー
f0162046_151601.jpg



ちなみにこの後ブレーキシューの整備不良とタイヤがバースト寸前なのに気付き、昨日の疲れと合わせて撤退を決定。
郵便局に行ってキャリアと荷物全部を箱に詰めて送り、新富士から新幹線で逃げ帰って今回は終了。
合計165km程で峠を越えて走ったが結局中華カーボンには一切問題なく意外と耐久力もあることがわかった。
作りに不安だったキャリアもこの程度の荷物ではがたつく事もなく、VIVAのエンドアダプターを用いてフルカーボンロードでも一泊程度のキャンプツーリングは可能であるという結果となった。

次回はより軽量化を進めてLGS-CMでのキャンプツーリングかな?
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-23 15:26 | 中華カーボン

中華カーボンでキャンプ(箱根越え)

フルカーボンロードに無理矢理キャリアを付けてのキャンプツーリング実験。
行き先は何度か行っていて大好きな駿河湾に決定。
へたれなので箱根を避けていつも246で御殿場越えで沼津に行くが、今回はフルキャンプ用品の重さを実感する為に敢えて国1で箱根経由で行く事にしてみた。

当日は朝から不安定な天気で夜には雨が降るという中華テントを試すのにもちょうど良い天候。
まずは国分寺から走りなれた鎌倉街道を進む。適度なアップダウンも有り、道は細いが比較的快適。

そのまま町田市街に突入し、そこから境川沿いに進むが、途中CRになっていたり、車道でも車が居なくて走りやすく、非常に快適な道で多くの自転車乗りが行き来していた。
f0162046_11523067.jpg

f0162046_1156249.jpg


境川CRが中途半端に終わり、適当に藤沢の街を通り過ぎるとまもなく湘南に!
海に出る瞬間はいつでも最高な気分!
f0162046_1158503.jpg


このあと海岸線を太平洋岸自転車道とかいうのがあったので進むが、砂だらけで凄く走りにくくて結局国一沿いに進み、程なく古い町並みが続く小田原の町を経て、箱根の玄関口、箱根湯本駅に到着。

コンビニで補給を済ませていざ峠越えに挑戦するが、これが凄く舐めてましたわ箱根。
キャンプ用品を積んだ状態ではキツすぎてあっという間に足付きしてなっさけ無かった・・・
徐々に足も痙攣をはじめ、ついに右足が攣って次に左足、右手も軽く攣りましたな。
結局何十回も休憩しながら全部で3時間も掛かって全身を攣りながらようやく登れた・・・
f0162046_12262925.jpg


これ見た時は泣きそうになったな・・・
自分にとっては246の御殿場越えの10倍以上きつかった・・・

・・・・・・翌日気づくが、前日に変えたシートポストのセッティングが悪くてサドル上げすぎ、
さらにキャリアを取り付けた時にブレーキにぶつけたようで、シューが回り、常に軽くブレーキが掛かってる状態だった・・・
荷物を積んで走りが鈍くなったと勘違いしてた・・・

この後恨みを晴らすように60kmオーバーで一気に坂を下っていくが、この時はブレーキシューがタイヤのサイドを削っていたようで、バースト寸前になっていた・・・

箱根に必要以上に時間と体力を削られ、いつもはヒャッハーな気分で走る沼津の土手上でも気分は晴れず、ママチャリ以下のスピードでとぼとぼと田子ノ浦に 。
この頃はすっかり暗くなって夜だったが、スピードも出なかったので、GENTOS SG-305で充分だった。
富士市に入った頃から雨が振り出し、フラフラと食材買いつつスーパー銭湯に行くと敢え無く休館で気分はドン底
富士川の河川敷でテントを張るあたりはもう本降りであった・・・


続く
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-23 12:40 | 中華カーボン

中華カーボンでキャンプ(準備)  道具は軽めに2

小物類はあんまり軽量化も意識せず適当に選ぶ。
自転車ライト兼ランタン代わりにHL-EL520。そこらで普通に買える自転車用ライトとしては明るい物。
ワイドな配光とランタイムが長いので自転車用としてよりもテント内のランタンとしてお気に入り。
もうひとつは自転車用ライト専用に使ってるただの懐中電灯GENTOS 閃 SG-305。
ただの懐中電灯だが各所で自転車用として大人気。暗い所で使うとたまにバイクと間違えられるほど。

他にはAirboneのミニインフレーターのミドルサイズ。これは図らずも軽量化になっていた。
チューブはタキザワの物を2つ、タイヤレバーとミニ工具セット。輪行袋はオーストリッチの最軽量モデルL-100

服は着ていくものの他に1日分とタオル大小、雨具は適当な自転車用をひとつ。

電子機器は携帯のiPhone3GSとモバイルブースターKBC-L2Sとデジカメと各種充電器に予備電池を8本。
iPhoneにはあらかじめルートラボで作ったgpxファイルを入れておいた。

調理器具ではナイフは持たずに調理バサミが銃刀法に引っかからずに済むので職質対策にこれでがんばる。
知人がキャンプ道具のナイフで逮捕された事があったのと手軽なんでこれで十分。
あとは箸と塩コショウに米。米は不思議な飯袋(商品名)に入れておく。飯袋は沸騰した鍋に放り込むだけで飯を炊くことが出来ちゃう優れもの。

あとは紐代わりでいろいろ使える太めの自在針金やこまごまとした物を用意。
全部をダンボールに入れて量ってみると7.2kg、キャリアバッグ類と合わせて全重量が8.8kgとなる。
全部積み込んでみると意外とスマートに収まった。
f0162046_130119.jpg

これで準備は終了、さてどこに行くか。
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-17 13:00 | 中華カーボン

中華カーボンでキャンプ(準備)  道具は軽めに

フルカーボンロードでキャンプツーリングをする人間はごく少数だと思われるが、ちょっとでも参考になればと。
荷物はとにかく軽い方がいいので軽量化を進めるが、いかんせん手持ちは少なく中途半端な軽量化になってしまった。

まずはテント内での居住性を飛躍的に高めるマット類。正直これが無いと寒さと床の固さで寝れたもんじゃない。
自転車キャンプではよく巨大な銀マットをキャリアに括り付けていく人も多く、自分もやったことはあるが、あれは正直お勧めできない。
自分が好きなのはインフレータブルマット(スポンジ+空気のマット)なのだが、自宅には約1kgほどの重量級があるだけだったので、これを軽量化ということで選んだのがイスカのXライトマットレス95(270g)
f0162046_12211780.jpg

サイズが95cmと短いが経験上はこれで十分なはず。4110円でゲット。同様の他社メーカー物よりも軽くて安くてこれは満足。

ストーブは手持ちのG-ストーブ STG-1(380g)。
f0162046_12213622.jpg

家庭用のカセットガスが使えて風にも強くて異常に頑丈に出来ており、正直軽量化の対極にある物だが、気に入ってるので買い替え無し。

クッカーはユニフレームのトレイルスクエアコッヘル3(480g)。
f0162046_12222287.jpg

お湯を注ぐときにも収納時にもスクウェアタイプのクッカーは便利。さらにこれは袋ラーメンがジャストサイズという所がにくい奴。フライパンもフッ素加工してあって焦げ付かないので使い勝手いい。これも軽量化とは対極にあるアイテムだがお気に入りなので買い替え無し。

今回のキャンプでは気温が高いこともあり、シュラフは不要と判断。必要であったらドイターのドリームライト500(500g)を購入していたと思う。
とりあえずキャンプに最低限必要な物はこの位で重量増は1130g。
あとは適当な小物類。
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-17 12:24 | 中華カーボン

中華カーボンでキャンプ(準備)  キャリアとパニア

中華カーボンでツーリングの準備は進んでいます。
一番の重量物のテントの次はキャリア&バッグの選択。
基本的に自転車用のキャリアは日本一周とかの長距離をかなりの重量物を運ぶ為に、キャリア自体の選択基準も丈夫さが最重要視されているように思う。
自分はとにかく重量を少なくしたいので、耐荷重が少なくてもいいので軽い物を探していく。
目を付けたのがBEAMのフレキシブルリアキャリア。
f0162046_029337.jpg

これは504gとキャリアとしてはかなりの軽量で、ちょっと面倒だけどばらすとかなり小さく出来る。
以前キャリアをつけてツーリング中に、最終日で荷物はイランとキャリアごと家に送ったことがあったけど、そういった時や使わない際、輪行時にも小さくなると何かと便利。
インプレが殆ど出てこない商品であったが、通販で取り寄せて納得。
キャリア自体の作りは正直雑の一言。箕浦の同じコンセプトの物にすれば良かった・・・

キャリアの取り付けは、ダボ無しの際の強い味方、Vivaのクイックエンドアダプターのフロント用と、ダボ付きクランプ(32g)を使用。正直評判は良くないが、荷物が少なければ大丈夫なはずだと高を括る。
f0162046_030167.jpg

パニアは散々軽量な物を探すが皆無。最も軽いものはもっともポピュラーかつ安価なオーストリッチのP-115(800g)という結果になる。
f0162046_0315638.jpg

これはヤフオクで状態のいい物を落としたら超ご近所さんで、落札から2時間で取引が終了!送料も浮いたしラッキーだった。
取り付けると下部のベルトの強度が明らかに不足。自在針金に交換したらばたつきが抑えられた。
f0162046_0323796.jpg

フロントバックの選択も難航。軽い物が少なく、これも結局ロード用としては定番のモンベルのサイクルフロントバック(230g)を使用。
f0162046_035191.jpg

これは手持ちのバックからのチョイス。たぶんハンドルがアルミだったらお気に入りのシクロバッグを使っていたと思う。

そんなこんなでバッグのチョイスと取り付けは終了。
重量増は全体で1600g程度。
f0162046_0343942.jpg

[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-12 00:35 | 中華カーボン

中華カーボンでキャンプ(準備)  中華テントインプレ

入金から7日で中国から無事中華テントが届いた。
セラーにはとってもスムーズな取引で安心できましたと評価を入れる。
ちなみに自分の落札価格はスタート価格の5880円と送料2500円の8380円
同テントが1円出品もされていた時は3500円程度で落とされた模様。
ヤフオクでSnowWolf Aで検索すれば出るはず。

ヤフオクでのスペック表
◆材質:7001-T6ガラス
◆外観サイズ(約):(60+130)cm*200cm*110cm
◆外層の材質:1900TポリエステルPU1500mm テリレン
◆内層の材質:190Tポリエステル
◆底部の材質:210DPU3000mmオックスフォード布
◆ポール:アルミニウム(直径7.9mm)
■梱包後サイズ(約):Φ15*38cm
■重量:1.6Kg

f0162046_235354100.jpg

スタッフバッグは思いっきり中国語が書いてあるので恥ずかしさMAXのため使用見送り。
その為重量も測定せず。
SnowWolf の文字はどこにも無く、MON KIANGと書いてあるのはご愛嬌。
ちなみに定価398元らしい(4900円)

重量はポールとインナーとフライのみの最小構成で1684g
各重量は写真参考、ただしフライは張り糸4本48g込みの重量

インナー
f0162046_2355139.jpg


フライ(張り網48g込み)
f0162046_23545371.jpg


ポール2本
f0162046_2354318.jpg


全体はオーソドックスなタイプで出入り口は長辺側左右2箇所
前室は片側のみ
内部サイズは紹介文と同様の200×130+70×110
f0162046_23574270.jpg

f0162046_014462.jpg


ベンチレーションは短辺上部に2箇所で、スポンジが入ってて型崩れしないようになっている。
一応閉める事もできるが、スポンジのせいで少し隙間ができる。
f0162046_23581583.jpg


バスタブは高さ20cm程、角の部分は2重になっていてシームテープも丁寧に貼ってあり、ここだけ妙にしっかりしている。
f0162046_23585520.jpg


縫製はややチープ、ファミキャン用のLOGOSのテントよりも少し劣る程度、ジッパーもなんの工夫も無い安物
f0162046_23593814.jpg

f0162046_00458.jpg


インナーは短辺全体と、長辺側入り口部がメッシュで、それ以外は透ける程薄い素材
f0162046_004011.jpg

f0162046_01486.jpg


ポールは何故かチタンカラー
スペックシートでは40cmとなっていたが42cmだった
f0162046_022944.jpg
f0162046_021510.jpg

とりあえず現状でのインプレはこの程度
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-09 00:03 | 中華カーボン

中華カーボンでキャンプ(準備)  ~中華テント購入~

ほかの人柱の人々のブログも更新が無いようですが、自分の所の中華カーボン号も普通に元気なのでネタが無い状態。
そんなわけで無理やりネタ作りをしようかと、カーボンロードでやる人はまず居ないであろう、キャンプツーリングを画策中。
ちょっと調べると、キャンプツーリングの荷物重量は平気で10kgオーバーとか書いてあるが、さすがに車体よりも重い荷物を積んでいく気にはならないし、中華カーボンも腐ってもカーボンなのであまりに重量的無理は禁物で、装備品には軽量化が必要。
ちょっと調べるが自転車と一緒で、アウトドア用品は軽くなればなるほど金額も鰻上りに上昇するようだ。
キャンプに必要かつ最重量アイテムというとやはりテントだが、軽量かつコンパクトなテントは余裕で中華カーボンフレームを上まる金額・・・
実は手持ちにソロ用のテントとして、伝説の千均テント(1000円で1kg)というテント界に衝撃を与えた物を持っているのだが、パッキングサイズが長いということと、シングルウォールの呪いである結露のひどさとベンチレーション不足の灼熱地獄を体験しており、もう使う気にはなれない。
そこでダブルウォールで探すのだが、2kg以下の軽量かつ安価(諭吉以下)で自立可で前室付というやや無茶な条件で探すが皆無。
あきらめかけて2kg程度の物を買おうかと思っていた矢先に、最近ヤフオクで出回るようになった中華テントに目をつけた。
それがこれ(リンク)
f0162046_0392194.jpg

説明が本当なら1.6kgとかなりの軽量でまさに条件ピッタリ。同条件の普通のテントは3諭吉~なので、5分の一程度だ。
中国直送で送料ボッタクリというのもまさに中華カーボンと同じ流れだが、ポールの欠品やサイズ間違えは起こして欲しくない所だ。
落札から発送までは日本人が相手のようでとてもスムーズ。現在中国から日本に向かっているようだが果たしてどうなることやら・・・
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-09-07 00:40 | 中華カーボン

中華カーボン⑫東京-直江津ロングライド

中華カーボンの長距離試走がてら日本海に向けて出発!
今まで東京名古屋や東京仙台などの中距離の行程では一桁国道を使うことが多く、所々トラックからの煽りにうんざりしていたので、今回は丹波隆さんの日本ベストサイクリングロードコース10って本を参考にまったりルートで行こうと考えた。
f0162046_10141340.jpg

出発前に一枚。下手をすれば途中でばらばらになる可能性もあるので・・・
時間の関係で2時45分に家を出たのだが、これが結果的に大正解。
ライトさえちゃんと考えておけば、深夜の郊外の国道はすごく走りやすく、日の出前に川越先の荒川に入り、朝焼けの中誰もいない田舎のCRを音楽垂れ流しでかっ飛ばせた。

荒川CRで熊谷に着き、そこから一般道で真上に北上、利根川にぶつかったらまたCRで高崎へ。
高崎からは碓氷川CRで横川を目指す。
この横川は峠の釜飯発祥の地で、さすがに古い田舎の情緒が満天で雰囲気がある。

ここまでは殆どアップダウンもなく快適そのもの。横川からは今回の行程で最大の登りである旧18号の碓氷峠に挑戦。標高958mで高低差は560m位で距離は16km程らしい。
これまでの行程の疲れと昼飯の時間ということもあり、横川駅から数キロの地点にある、「交流館峠の湯」で温泉につかって、元祖峠の釜飯を頬張り休憩。
ロングライド中の温泉の気持ち良さは格別!!これは病み付きになりそう~~
ここはこれから本格的な登りに入るってあたりにあるので休憩場所に最高だった。

温泉効果も有り、快調に坂を上っていける。斜度としては小仏峠程度か?
右に左にくねくね曲がり、途中途中で廃線になった信越本線の時代を感じる遺構があり、廃墟マニアの自分はたまらんものがありました。
f0162046_10114568.jpg


ちなみにカーブの数は184.各カーブに標識があるので現在どの程度上ったのか把握できる。
ひとーつふた~つと数えていくとようやく峠に到着。
f0162046_10183064.jpg


碓氷峠を越え軽井沢に入ると一気に小洒落た雰囲気に。だが建物や街の雰囲気に反比例して路面状態が悪くてムカつきましたわ。
ここから一気に下りで18号沿いにぶっ飛ばせる。田舎というより郊外の中途半端な町といった雰囲気で面白くないです。ある程度は知ると旧街道に乗れるがここからはいい景色。住んでる人がすごくうらやましい。
f0162046_10231890.jpg


また旧北国街道途中の海野宿っていう宿場町は凄かったです。
川越も真っ青の江戸っぷり。なのにちゃんと住民は生活してお、り中身は英語教室やただの民家などで嘘くさくない生活感がある。


上田市を越えたあたりからは千曲川沿いのCRを走りましたが、だんだんと夜の帳が降りてきてあたりは真っ暗に・・・するとすっごい勢いで大量の虫がライト目掛けて飛んでくるのでテンション激落ち。
千曲市の漫画喫茶に逃げ込み初日終了。

2日目は明るくなってから出発、千曲川CR?と旧街道でスムーズに飯山に着き、千曲川を離れて飯山街道に。ここから今回2度目のヒルクライム開始。
朝から天気はいまひとつだったけど、標高が上がるにつれてポツポツと雨が・・・
名も無き峠を超えた辺りからしっかり降りだしびっしょびしょになりながら新潟入り。
車は殆ど通っていないので雨でも気にせず下りをかっ飛ばす。
上から降る雨よりもタイヤから巻き上げる雨のほうが激しいけど気にせずかっ飛ばす。

新潟はさすが豪雪地帯。民家が豪雪対応で屋根の角度がすごい事になっています。
遠くにはまだ雪が残る日本アルプス的な山々が見えてくる。
f0162046_1037421.jpg


標高が下がると雨も落ち着き、飛ばしているとあっという間に服も乾いていく。
完全に下り終わると程度交通量が多い道に当たるが、道も広くトラックも居ないので快適。
ほぼノンストップで上越入りできた。
はやる気持ちでまだかまだかと進んでいくとついに視界が開けて日本海が・・・
荒い海をイメージしていたけど波も無くおだやかな景色。本州からははじめて見る日本海に感慨深い物があったな。
f0162046_10462119.jpg


日本海の証拠
f0162046_10475864.jpg


帰りは直江津から特急で越後に行きそこから新幹線で東京へ
フルカーボンでも気にせず輪行出来るのは中華カーボンならでは!

結局中華カーボンは途中バラバラになることも無く、一切トラブル無く320km、峠2つの行程を走りきりました。
この事実を持って自分は中華カーボンをこう評価します。
「俺にはもったいない位よく出来た、長距離でも疲れないロードバイクですわ」

【走行距離】320km(220+100)
【走行経路】国分寺-川越-熊谷-高崎-軽井沢-上田-飯山-上越-直江津
【総所要時間】36時間
【乗車時間】17時間
【Av】遅い
【車種、車名】フル中華カーボン クオタタイプ
【日時】5/18-19
【天候】初日晴れ2日目曇り後雨
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-05-29 10:54 | 中華カーボン

中華カーボン11 中華カーボンでロングライド

中華カーボンを組んでからの初のロングライドに挑戦!
宿泊有りのロングライドは、年に2度位しか許可が降り無いせいも有り、10ヶ月ぶり。
ルートは立川ー川越ー熊谷ー高崎ー軽井沢ー長野ー直江津の350km位を1泊2日で走破予定。
中華カーボン購入理由は、ロングライド時の疲労軽減が主だったので、ここで是非その実力を発揮してもらいたい。
そんな訳でこの後2時に家を出発!
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-05-18 01:39 | 中華カーボン

中華カーボン⑩ 峠を越えてみる

中華カーボン性能テスト第2弾!
本当は2月末に横須賀まで行こうとしていたけれど天候によって断念。
以降なかなか予定と天気が合わず乗れずじまいでイライラ・・・
あとちょっとでローラー台を買う所だった。。。

手軽な走行テストとして自分の家から最も近場の峠、大垂水に向けて出発。
高尾山口を越えたあたりで反対車線のローディーたちがなにやら合図をしてくる。
どうも先が雪で自転車は無理っぽい。
f0162046_15252429.jpg

平地にはまったく雪は無く降ってもいなかったのでこれにはびっくり。
というわけで一度目は登る前に断念。
あったまに来たので家で蓮舫にローラー台購入申請するがあっさり仕分けされました・・・

日を改めて2度目の挑戦。
雪が降ってからずいぶん経っているのでそろそろ大丈夫だろうと出発。
自分の通勤経路でもある甲州街道をひた走る。
この日は平日ということもあってあまり他のローディーとはすれ違わない。
風も少なく渋滞も少なく走りやすくて快適。
峠に登る前に途中の職場で水分補給していざ出発。

高尾山口を越えたあたりでちらちら雪が残っているのにはびっくり。
もう1週間経ってるのに・・・
しかし反対車線のローディーは合図もしないので平気なんだろうと進む。
この峠は各車で何度も越えてるけど、超絶貧脚の自分はどれでもヒーヒー言いながら登っていました。
大晦日にHOCRコンパクト仕様で登ったのが最後かな?
さーて今回もヒーヒーいいながら登っていくと・・・
・・・あれ、あっという間に登りきって終わってしまいましたよ・・・
こんなに短かったっけ??
毎度どこからがスタートなのかよく分からないのでタイムは計っていないがあからさまに楽に登れた。
車体の軽量化が一番効いてるんだろうけど、やはりBB周りの剛性感と安定性でダンシングが楽だった気がする。

下りのコーナーも安定性が上がっているので安心して速度が出せる。前のプリウスが邪魔でしょうがない。
大垂水は走り屋対策でコーナーに段差が作ってあるけど、これがそれほど苦にならない。
これはHOCRではきつくて必死で避けてたんだよなー
そういや中華カーボンの乗り始めはONDAフォークもどきにちょっとした違和感を感じていたが、もう慣れてコーナーリングも快適。
相模湖で記念撮影。
f0162046_15262926.jpg

子供が学校から帰ってくる前には家に居たいので飯を食ったらさっさとまた峠越えだー

とりあえず登攀テストはこんなもんか。次は箱根に行きたいなー
[PR]
by spaceage70-2 | 2010-03-16 15:26 | 中華カーボン