<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

TOKYOセンチュリーライド2008

LGS-CMを買ったときから、どんな使い方をしてやろうかといろんなプランがあった中の一つがサイクルイベントへの参加。
20km/h速度制限があることと、80kmとサイクルイベントとしては距離が短い事もあって極小径車で参加するには丁度良かったので、TOKYOセンチュリーライド2008に参加してみました。
今回が初開催となるイベントで、ロード乗りには制限からかえらく前評判が悪かったので、初心者や小径車、ママチャリなんかが多い物になるかと思ってけれど、会場となる葛西臨海公園前の駅にはロードで輪行してきた人達が自転車を組み立てている・・・
なんとなく危険な空気を感じつつ、ガチャガチャ自転車を組み立てている人の横でさっと10秒ほどでLGS-CMを組み立てて公園に入っていく。
そして会場についてビックリ!ほっとんどがロードかMTBで、ピナレロとかコルナゴとかえらく高そうな自転車ばかり。
f0162046_12271445.jpg

10万以下の自転車なんかは極少数で、小径車は最高峰のモールトンやBD-1、バイクフライデーなどの高級車がちょこちょこ居る位で明らかに極小径車は場違い!
生憎の小雨が降る中、スタートを待つ間も通り過ぎる人がちっちゃ!とか小声で話している。うーん恥ずかしい…
それでもスタート位置への移動が始まるとなんかだんだんワクワクしてきて恥ずかしさも薄れていく。
2000人以上が参加する中、自分はゼッケンが283と前の方だったため、かなり早めの8時頃のスタートとなりました。

f0162046_12275095.jpg

まずは葛西臨海公園をぐるっと回り、公園を抜けて荒川沿いに一般道を走り、清砂大橋を渡った後は荒川サイクリングロードをただひたすら北上!
団子になった状態で走るため皆と速度を合わせるが、スピードメーターはずっと24km/hを指している。
この速度での巡航はLGS-CMでは初めての体験だったけど、前日に用意していたハーフクリップのおかげか意外と余裕。
あっという間に10kmの補給所に着くが余裕なんでスルー、そのまま20km地点を目指すことに。
この頃は団子も解消されそれぞれのペースで進んで行ったけれど、24km/hで走る自分をみんなすごいスピードで抜かしていく。すでに速度制限意味なし。
20km地点のエイドステーションでバナナと水分を補給していると、自分以外の極小径車KOMAを発見!SPDペダルを装着していて、他にもかなり走れるようにチューンナップされている。
他にもピカチュウやフルカウルリカンベントなどのイロモノが居たのでちょっとほっとしました。
ここからはさらに集団がバラけていたので自分のペースで20km/hを維持して荒川の景色を楽しみながら進んでいたけど、通り過ぎる人達に、「気合入ってますね!」「すごい脚力してますね!」「完走頑張って下さい!」などいろいろ声を掛けてもらい、ちょっと面白かったです。
沿道のスタッフも小雨の中笑顔で応援してくれてなかなかやる気が出てきますな。
LGS-CMで街中を走っていると、結構いろんな人から声を掛けられるたりちっちゃ!って声が上がったり笑われたりするけど、「がんばれー」は初めてでしたな。
30kmを越えたあたりから向かい風が強くなり、徐々に雨脚も強くなり、さらに道も所々ダートがあり、LGS-CMは泥だらけでペースもダウン。10時頃に結構疲れた状態で40kmの折り返し地点に。
地面は濡れていて座る気分にもならず、休める環境ではなかったので、バナナを頬張り10分ほどで再スタート。
ガタガタとまたダートを超えて泥だらけで走っていると、スピードメーターが動かない。
前輪部を見ると泥が詰まってえらい事になっているので、沿道に止まりいろいろいじるが復旧しない…
仕方なく走るけどどうにもモチベーションが上がらずグダグダと走る。この頃から疲れも出てきて、また頭の中には谷村新司のチャンピオンが流れ出す。
その必死になってる自分の横を、ビアンキのロードに乗った女の子が談笑しながらサーッと抜かしていく。…やっぱロードはいいな。
幸い4km程でメーターは動き出したけど、その頃には巡航速度が16km/hまで落ちていて、ケツは痛いし足は重くなり、ついには足が攣りだしてなかなか微妙な状態に。
足をだましだまし60km地点まで何とか着いたけど、回りのゼッケンは1000番台と大分遅れている状態。
自転車にまたがろうと足を上げるだけで足がつってしまうので、仕方なくサドルを下げることに・・・しかしこれが大正解。ペダリングが楽。
どうも無理な姿勢で走っていたようでサドルを下げてからは足も回復し、巡航速度も20km/hに戻り、そして13時頃、走行時間4時間28分、平均速度18km、最高速度33km/hで無事80km完走してゴールすることが出来ました。
正直自分の予想以上に苦労してヘットヘトでゴールしたので、走り終わったあとの達成感はなかなか。走っている最中のほかの人との交流や、沿道からの応援など、イベントでしか味わえない物を初体験し、長距離自転車に乗る際の姿勢の大切さや、装備の効果など自分としてはなかなか得る物がある体験でした。
ただ正直8インチでのサイクルイベントへの参加は無理がありすぎた・・・
イベント用のロードの購入も頭に浮かぶと同時に、無理をさせたMyチャリへの愛情も深まりました。
ホント自転車はなかなか面白いっす。
f0162046_12281658.jpg

[PR]
by spaceage70-2 | 2008-05-10 20:23