<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

野郎二人の奥多摩湖プチツーリング

職場の先輩に声を掛けられ行く事になった奥多摩湖プチツーリング。
事の発端は立ち寄った1000円ショップで1人用テントと寝袋を発見し、つい2人して買ってしまったが、正直使いどころは無い。そんな訳でテントを無理やり使うために今回キャンプ込みでツーリングに行く事に。
お互い妻子持ちなんで自由時間は少なく、夜勤の明けで行くという少々ハードなスケジュール。
高尾街道から細い道を通って秋川街道、45号線、青梅街道と乗り継ぎ、奥多摩湖まで60km位の距離だけど、途中にはゆるいけど峠もあり、後半はかなりの距離が上りのみ。
まったりゆっくり行きたいし、荷物を背負うのも疲れそうなんで、フロントサスとキャリアーが付いてるLGS-TR1で行く事にした。
普段は付いてる、ワンタッチで外せるベビーキャリアを取って、フロントバックを取り付ければちょっとしたランドナー気分!
f0162046_12444210.jpg

ちなみに前日に奥多摩湖近辺のキャンプ場に予約を入れるが、当たり前のように予約が埋まっていたのでそこらで野宿決定。
長引いた仕事が終わってなんやかんやで昼飯も食って13時にスタート!
いいおっさんが2人が荷物をわんさか積んで駅前を走るのはなかなか勇気がいる。
でも高尾駅前を曲がるといきなりアップダウンの連続でテンションが上がりまくり、下りも結構なペースで飛ばせる。
高尾も田舎だと思っていたけど、秋川にいたる道中の景色は完全に東京であることを忘れさせてくれるド田舎の景色で、なんだか鹿児島のばあちゃんの家を思い出すな。
1時間ほどで多摩川と併走する45号線に。
ここでアクシデント!先輩の足が攣ってしまった!
これまでがかなりのアップダウンの連続だったので足に疲れがたまったのはわかるのだけど、前を走る先輩の姿に違和感を感じていた自分は試しに先輩の自転車に乗ってみる。が、重い!ギアが重過ぎて走り出しに苦労する。って・・・もしかして・・・
俺「○○さんもしかしてずっとこれで登ってませんでしたか?」
先輩「ん!?あぁ、ギアチェンジめんどくさくてね!」
俺「・・・試しにこれに乗ってみませんか?」とギアを軽くした自分のTR1に乗せてみる。
先輩「んっ。これ軽いね!すいすい進めるよ!あっこりゃいいね!」
・・・どうやら先輩は、今までの生活で坂道が無かったため、ギアチェンジの必要性を感じずに、ずっとハイギアだけで漕いでいたらしい。
MTBとは言えハイギアだけで峠を一つ越えた先輩の脚力に脅威を感じつつ、軽いギアでくるくる回したほうが筋肉も楽だし、ひざにも優しいみたいですよと伝えると、「これならいけるよ~」と先に進むことが出来た。
411号線に出ると、景色がガラッと変わり、すっかり上流っぽくなった多摩川が見え、またまたテンションが上がる。
f0162046_1246491.jpg

ここからはずっと登りだけど、そんなにきつくは無いし、ローギアでゆっくり景色を楽しみながら進んでいたのでそれほどは疲れませんが、速く着いても仕方がないし、先輩の膝もあるのでちらちら休憩しながら進んでいく。
奥多摩駅間に着くと、事前に調べておいた、宿泊地から一番近い(といっても奥多摩駅前)の小川屋はなんと休業!食糧補給に少々危機感は感じつつ、まぁなんとかなるだろうととにかく進む事に。
徐々に民家が姿を消し、坂も急になって行き本格的な峠道になってきた。すばらしい景色を楽しみつつも食糧問題が気になってきた・・・
おっかないトンネルをいくつも超え、17時頃に奥多摩湖に到着!!けどカップルが3組居るだけで閑散としていておっさん2人の居場所が無い!!
f0162046_12464658.jpg

とりあえず駐車場の隅っこで、暗雲立ち込めるおどろおどろしい奥多摩湖を眺めつつ、異様にビールが飲みたかったので携帯で周辺情報を調べることに。
「奥多摩湖 コンビニ」でググるも遥か坂下にある駅前のコンビにしかヒットせず、またあの峠道を登ってくることを考えるとテンションが上がらず却下。
携帯ナビで周辺を調べるが商店すらない・・・
夕飯はバーベキュー的なものは諦め、腹も減ってきたのでとりあえず事前に調べてきたラーメン屋「のんきや」に行く事に。
誰もいない薄暗い店内に恐ろしくやる気の無い店員・・・外だけではなく店内にも暗雲が立ち込めてたよ・・・
が、評判通り手打ちの麺はあっさりした醤油味で疲れた体と胃袋に染み渡る!
店を出るとあたりは真っ暗になり、ましたがその後地元民から車で10分ほど離れた場所に酒屋があるとの情報をゲット!人気が無くて暗い奥多摩湖周辺道路を酒を目指して適当にかっ飛ばす!
道は聞いていなかったが、20分程離れた場所に運良く酒屋を発見!7時まで開いていた事に感謝!
酒とつまみさえ手に入れてしまえばあとは何にも要らん。奥多摩湖の駐車場方面に戻り、明るい内に目星をつけていた大麦大展望台前の人っ子一人居ない駐車場にテントを張り、酒盛りの開始!
f0162046_12473660.jpg

静かな山奥で飲むビールは最高に美味く、気分は最高!
1000円テント&寝袋も役に立ってくれて夜はまぁまぁ眠れたが、夜中に何かの鳴き声(しかも2種類)がすぐ近くで鳴いていたのはちょい怖かった。
帰りはただひたすら下りのみ。ここばかりはHOCR3300で来たら気分いいだろうな~
行きにひーひー要っていた坂をあっという間に下り、411から外れて適当に道を進み、すぐに多摩川サイクリングロードに到着。
ここからは信号が無いので本当に快適に走りを楽しめたが、平坦路ではやはり速度が出ない分物足りなかったな。
f0162046_12482879.jpg

f0162046_12485119.jpg
しかし多摩サイは上流側には来た事が無かったけど、なかなか変化に富んだサイクリングロードだったんだなと実感。

行きにちんたら4時間以上かかった道は帰りは2時間ほどで着いちゃいました。

総走行距離131km、総走行時間7時間5分、平均時速17km/h、最高速59.5km/h
[PR]
by spaceage70-2 | 2008-08-28 12:49

自転車では無い何かに乗って

先日LGS-CMで駅前を走っていた時の一幕。

前に子供とお母さんが自転車に乗っている。
子供の後ろを走っていたお母さんを抜かし、蛇行している子供の後ろで抜くタイミングを待つ自分。
「ほら○○自転車が来てるよ!」とお母さんが声をかけて子供は横に行ったので、会釈をしてサッと抜かしてもらった。
その時の子供の発言。

子供「自転車なんか来て無いじゃん!」
お母さん「えっ!?あれ自転車でしょ?」
子供「あんなの自転車じゃないよ!!」

・・・一体子供には自分の乗る物が何に見えたんだろう・・・
[PR]
by spaceage70-2 | 2008-08-12 09:19 | 極小径車(LGS-CM)

輪行袋くらいいいじゃないか

花火大会を見るために横須賀の実家へ。
奥さんとベイビー達は一足先に車で向かい、自分は仕事が終わってからLGS-CMで輪行して現地に。
京急の混雑でもLGS-CMなら余裕でした。
家の近くでやっている、異常な混雑の昭和記念公園の花火は毎回スルーですが、海でまったり見れる神奈川の花火大会は格別です。
毎年新型花火が出てきますが、今年のきのこ花火はすごかったなー

実家には親父のフルデュラ+カーボンのLOOkのロードと、同じくLOOKの、見たことも無い変わったサスを搭載しているマウンテン、兄貴のjamisのAURORAがあったのでいじり倒してきた。
デュラとXTRの変速性能には本当にびっくり。
2200とは天地の差!
アルテグラも結構良い感じだったけど別次元でした。
パーツ一つとっても自分のHOCRより高いんだろうと思うとなんとなく腹が立ったので、転がってた新品のブルックスのサドルとバックを勝手に持ち帰る事に。
しかしよく考えるとHOCRにはいろんな意味でとことん合わなさそうだったので、開けてもいない感じの輪行バックとメットとアルミシートポスト、トピークのキャリアーを拝借することに。
3回しか乗ってないマウンテンを飾ってるくらいなんだから、輪行袋くらいいいじゃないか。
[PR]
by spaceage70-2 | 2008-08-04 13:51